不動産売却のコツ

家の売却前にハウスクリーニングが必要?依頼すべき箇所も確認

こんにちは。千葉・北総エリアの不動産会社「イエステーション」前島です。

 

家を売却する際には、ハウスクリーニングが必要なのでしょうか?

 

実は、ハウスクリーニングをしても売却価格に大きな影響はありません。

しかし、場合によってはハウスクリーニングをした方がスムーズに売却を進められる可能性もありますよ。

 

今回のコラムでは、家の売却でハウスクリーニングをした方が良いケースやそのメリットを解説。

その際に特にハウスクリーニングを依頼するべき箇所とその費用、依頼する際の注意点などもご紹介します。

 

 

家を売却するならハウスクリーニングは必要?売却前に行うメリットも

「ハウスクリーニングをして家をきれいな状態にして売却すれば、少しでも高く売れるかも?」と考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、ハウスクリーニングをしても家の資産価値は変わりませんので、査定価格や売却価格に大きな影響はありません。

家の売却でハウスクリーニングが絶対必要というわけではないのです。

 

しかし、ハウスクリーニングで家をきれいな状態にしておけば、不動産会社や購入希望者に良い印象を持ってもらいやすいです。

家をきれいにしておくことで、購入希望者に良い印象を与えて購入の後押しをしたり、売却がスムーズに進められたりする可能性があります。

 

また、汚れや傷などがある場合は、それを理由に値引き交渉をされるケースもあります。

家をきれいにしておくことで値引き交渉の材料を減らし、できるだけ高い価格で売却できる可能性も高まるでしょう。

 

とくに、内覧に売主が立ち会わない場合や分譲マンションの売却などでは、ハウスクリーニングをした方が良いことも。

内覧に売主が立ち会わない場合だと、家の状態が大きな決め手の一つになりますし、分譲マンションの売却では、同じマンション内の部屋や近隣のマンションなど、条件が似ている比較対象があるため、家のきれいさが目立ちやすいのです。

 

なお、リフォームについても同様に、売却前に必ずしもリフォームした方が良いとは限りません。

ただし、家の状態によってはリフォームした方が良いケースもあります。

家を売却する前にリフォームは必要?メリット・デメリットも確認」のコラムで詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

 

家の売却前にハウスクリーニングを依頼すべき箇所は?

プロの業者にハウスクリーニングを依頼するなら、汚れがたまりやすく目立ちやすい水周りは欠かせません。

 

水周りのハウスクリーニングの費用目安をご紹介します。

  • キッチン:10,000~24,000円程度
  • レンジフード:10,000~20,000円程度
  • バスルーム:10,000~20,000円程度
  • 洗面台:6,000~10,000円程度
  • トイレ:6,000~13,000円程度

 

そのほか家に入って最初に目にする玄関や、印象に強く残るリビングなどもハウスクリーニングを検討してほしい場所。

一部屋丸ごとクリーニングを依頼することもできますよ。

 

 

家の売却時にハウスクリーニングを依頼するタイミングは?

家の売却でハウスクリーニングを依頼するなら、タイミングは査定前か内覧前がおすすめ。

 

ハウスクリーニングは査定価格には大きな影響はないとお伝えしましたが、不動産会社からの印象が良くなれば、優良物件として積極的に紹介してもらえる可能性が高まります。

 

また、内覧前にハウスクリーニングを行えば、内覧時に購入希望者に良い印象を与えられます。

内覧に向けて、家中をすみずみまで整理整頓、掃除をするとは思いますが、キッチンやバスルーム、トイレなどの水周りはぜひプロのハウスクリーニングに依頼することを検討してみてくださいね。

 

内覧で購入希望者に良い印象を持ってもらうことは、売却をスムーズに進めるための大きなポイントでもあります。

内覧を成功させるコツについては、「家の内覧は売却成功の要!内覧を成功させるコツを確認」のコラムでも詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

家の売却前にハウスクリーニングを依頼する際の注意点

ハウスクリーニングは信頼のおける業者に依頼するようにしましょう。

業者を選ぶときにはこんなポイントを押さえると良いです。

  • Webサイトやパンフレットに料金が明確に記載されている
  • 研修を受けた専門のスタッフがいる
  • 「全国ハウスクリーニング協会」や「日本ハウスクリーニング協会」などの団体に所属している
  • 作業時の損害保険に加入している

 

複数の業者から相見積もりをとり、作業内容や価格を比較して選ぶと良いでしょう。

 

また、売買契約後にハウスクリーニングをする場合は、建物に傷や損壊が発生しないよう注意を。

契約時に説明のない傷や損壊をそのまま引き渡してしまうと、損害賠償請求などを受ける可能性があります。

ハウスクリーニングのあとは、傷や損壊が発生していないか必ずチェックしておきましょう。

 

万が一、ハウスクリーニングで傷や損壊が発生した場合にきちんと修繕するためにも、業者が損害保険に加入していることは重要ですよ。

 

 

家の売却時にはハウスクリーニングで印象アップ!

ハウスクリーニングは、家の資産価値を上げるわけではないので査定価格に大きな影響はなく、家を売却する際に必ずしなくてはいけないというものではありません。

 

しかし、ハウスクリーニングで家をきれいに掃除しておけば、不動産会社や購入希望者からの印象も良くなり、家の売却をスムーズに進められる可能性が高まります。

家の状態が決め手になりやすい売主が内覧に立ち会わないケースや分譲マンションの売却などではハウスクリーニングを利用して、ピカピカにしておくことをおすすめします。

 

とくに汚れがたまりやすく目立ちやすい水周りは、ハウスクリーニングの利用がおすすめ!

自分で掃除するよりも、すみずみまでしっかりきれいにしてもらえます。

査定前や内覧前などにぜひ利用してみましょう。

 

なお、信頼できる業者選びでは、費用提示が明確か、専門スタッフが清掃しているか、損害保険に加入しているか、「全国ハウスクリーニング協会」などの協会に加盟しているかといった点をチェック。

ハウスクリーニングの作業後には、建物へ傷や損壊などが発生していないかもチェックしてくださいね。

 

千葉・北総エリアの不動産売却でお悩みの方は、お気軽にイエステーションへご相談ください!

家の売却前にハウスクリーニングが必要?依頼すべき箇所も確認

多古町店 前島 亮

売却は一生に何度もあるものではございません。
より安心していただけるよう、分かりやすい資料とわかりやすい説明を心がけております。
地元になくてはならない不動産屋としてクオリティの高いサービスをご提供してまいります。

その他の不動産売却のヒント

土地売却の相場の調べ方5種類を解説!注意点もチェック
不動産売却のコツ

土地売却の相場の調べ方5種類を解説!…

不動産売却の契約の注意点とは?流れやチェックポイントを解説
不動産売却のコツ

不動産売却の契約の注意点とは?流れや…

転勤が決まったら持ち家はどうする?選択肢や判断ポイントを解説
不動産売却のコツ

転勤が決まったら持ち家はどうする?選…

「古家付き土地」と「更地渡し」のメリット・デメリットを詳しく解説!
不動産売却のコツ

「古家付き土地」と「更地渡し」のメリ…

人気の記事

空き家も火災保険がかけられる!住んでいない家にもかける理由は?

空き家も火災保険がかけられる!住ん…

亡くなった親の家を売る方法や流れを確認!かかる費用や注意点も

亡くなった親の家を売る方法や流れを…

「古家付き土地」と「更地渡し」のメリット・デメリットを詳しく解説!

「古家付き土地」と「更地渡し」のメ…

最新記事

家が競売にかけられるとどうなる?流れや回避方法を解説
不動産売却のコツ

家が競売にかけられるとどうなる?流…

不動産売却をしたいのに取得費が不明!計算する方法はある?
不動産売却のコツ

不動産売却をしたいのに取得費が不明…

老人ホームに入居するなら自宅は売却すべき?売却の流れや売却以外の選択肢も
不動産売却のコツ

老人ホームに入居するなら自宅は売却…

不動産売却クイック査定ページはこちら

ハウスエージェントは、不動産売却の身近な相談相手です。
今すぐ売却をお考えの方、
将来的に売却を考えている方もお気軽にご相談ください。
住宅に関するプロフェッショナルとして最善のご提案をいたします。

閉じる