不動産売却のコツ

住み替えは同じ不動産会社への依頼がおすすめ!メリットや注意点も

こんにちは。千葉エリアの不動産会社「イエステーション」前島です。

 

住み替えとは、現在住んでいる住まいを売って、新たなマイホームを購入することです。

 

住み替え希望の場合、「売却と購入は同じ不動産会社に任せるのが良いのだろうか」と気になっている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

結論からいえば、住み替え時は基本的に、同じ不動産会社に依頼するのがおすすめです。

 

今回のコラムでは、その理由とメリット、おすすめのケースを解説します。

注意点もあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

住み替え

 

 

住み替えとは?

住み替えとは、現在住んでいる戸建てやマンションを売却して、新しく家を購入することをいいます。

 

住み替えのタイミングは、「住み替えのタイミングを徹底解説!おすすめ時期や売却・購入の順序など」で解説していますので、ぜひあわせて参考にしてくださいね。

 

住み替えには、「売却を先にするか」「新居の購入を先にするか」といった進め方の違いがあり、次の3つのケースに分けられるのが一般的です。

  • 売り先行
  • 買い先行
  • 売り買い同時進行

 

それぞれ簡単に確認しておきましょう。

 

売り先行とは

売り先行とは、現在のマイホームを売ってから新居の購入を進める方法です。

 

売却を先に行えば、売却代金を購入資金に充てたり、住宅ローンの残債が残っている場合に売却代金で返済できたりするので、経済的な負担が抑えられます。

 

買い先行とは

買い先行とは、新居を購入してから現在の住まいを売却する方法です。

 

先に引っ越し先を確保できるので、「資金はあるから早く引っ越したい」「なるべく好条件の買主を見つけて高く売りたい」などお金や時間をかけられる方向けの方法となっています。

 

売り買い同時進行とは

売り買い同時進行とは、売却と購入を同時に進める方法です。

 

売却活動をしながら物件の見学や購入準備を同時に進め、同日か数日間の猶予期間内に両方の決済を行います。

 

売り先行の場合は新居が見つかるまで仮住まいが必要ですし、買い先行の場合は購入費用を自己資金で賄う必要があるなど経済的負担が大きいデメリットがあります。

 

しかし、売り買い同時進行なら、売却後に入居できるので仮住まいが不要ですし、売却代金を購入資金にできるので経済的負担も抑えやすいです。

 

ただし実際にはタイミングが難しいため、次でもご説明しますが、同じ不動産会社に依頼することが重要となるでしょう。

 

 

住み替えは同じ不動産会社がおすすめな理由

冒頭で、「住み替え時は基本的に同じ不動産会社に仲介を依頼するのがおすすめ」とお伝えしました。

 

理由としては、同一の不動産会社に依頼するメリットが、住み替えの仕組みと相性が良いからです。

 

では、メリットを詳しくご説明するとともに、特に同じ不動産会社に依頼するべきケースについてもお伝えします。

 

住み替えを同じ不動産会社に依頼するメリット

売却と購入の仲介を同一の不動産会社に任せると、次のようなメリットがあります。

  • 報告・連絡・相談がしやすい
  • タイトなスケジュールでも対応可能
  • 手続きに手間がかかりにくい

 

異なる不動産会社に依頼した場合、業者同士で連絡を取り合うことは通常ありません。

依頼者がそれぞれの会社から進捗を聞き、その情報をもとにスケジュールを立てることになります。

 

しかし、同じ不動産会社に依頼すれば、売却活動の進捗と物件の情報、売却後・購入後の進め方などを不動産会社内で共有されるため、相談もその都度しやすく、スムーズに進めることができます。

 

転校・転勤などで引越しの時期に余裕がない場合でも、タイトなスケジュールが組みやすいでしょう。

 

購入までの期間が短かければ仮住まいにかかる費用が節約できますし、売却までの期間を短縮できれば、その分住宅ローンや固定資産税の負担額を減らせるメリットもあります。

 

必要書類の準備も1度で済むので、手続きの手間を省けるのも嬉しいポイントです。

 

住み替えを同じ不動産会社に依頼するべきケース

なかでも同じ不動産会社に依頼したほうが良いケースについて、お伝えします。

「同日決済・引き渡し」を行う場合

お伝えしたメリットから、売却と購入をなるべく短期間でまとめて行いたい場合には、同じ不動産会社に依頼したほうが良いといえます。

 

とりわけ、同日の決済・同日の引き渡しが必要な「売り買い同時進行」や「住み替えローン利用時」にはメリットが大きいでしょう。

 

売り買い同時進行では、お伝えしたように売却と購入両方の決済を、同日か猶予期間内に行います。

 

住み替えローンとは、現在の住まいの住宅ローン残債と、新居の購入費用をまとめて融資してもらえるローンのこと。

 

住み替えローンは決済と引き渡しの両方を同日に調整する必要があるため、密なスケジュール管理が必要になります。

 

そのため、この2つのケースの場合は、特に同一の不動産会社に依頼するべきといえます。

 

「買取保証」を付ける場合

売却時に「買取保証」を付ける場合も、同一の不動産会社に依頼するのがうまく進めるコツとなります。

 

買取保証とは、一定期間仲介で売却が決まらなかった場合に、売却依頼を受けた不動産会社が買い取ってくれるサービスです。

 

買取保証では「いつまでに売るのか」「買取金額はいくらになるのか」といった情報が、新居の購入や引き渡し時期の調整と密接に関わってきます。

 

そのため、同一不動産会社に依頼すると、売却と購入の進捗状況を踏まえてスケジュールが組みやすいでしょう。

 

 

住み替えを同じ不動産会社に依頼する際の注意点

住み替えを同じ不動産会社に依頼する場合は、不動産会社には取り扱い地域(エリア)に得意・不得意がある点にご注意ください。

 

得意なエリアであれば地域情報に詳しく、すでに顧客を抱えている期待が持てますので、好条件で早期取引ができる可能性があります。

 

しかし、取り扱いが少ないなど不得意なエリアでは、買主や希望に見合う物件がなかなか見つからないという事態も起こり得るでしょう。

 

住み替えの際、現住所から遠方へ引っ越す方は多いので、同一の不動産会社が売却物件の所在地と住み替え先の地域の両方を得意としているとは限りません。

 

そのため、同一の不動産会社に依頼する場合は、売却物件の所在地を得意とする不動産会社を優先的に選ぶと良いでしょう。

 

「この家に住みたいな」という購入物件の候補は自分でも見つけやすいですが、売却時の買い手探しは地域に知見のあるプロに任せたほうがスムーズだからです。

 

なお、遠方への出張に際し、交通費を請求される場合もあります。

得意なエリアとともに、媒介契約時に確認することをおすすめします。

 

 

住み替えを同じ不動産会社に依頼する必要がないケースもある

家選び

住み替え時には、基本的に同じ不動産会社に依頼するのがおすすめですが、依頼をしなくても良い場合があります。

 

【同じ不動産会社に依頼する必要がないケース】

  • 新居を購入後、売却を急ぐ必要がない場合
  • 売却後、仮住まいに移って新居探しをじっくり行いたい場合

 

買い先行・売り先行のいずれにしても、その後の売却や新居購入を急がないなら、スケジュール調整を徹底する必要はありません。

 

そのため、必ずしも同じ不動産会社に依頼しなくても良いといえます。

 

「好条件で買ってくれる購入者を時間をかけて探したい」「しばらく仮住まいでいいから、終の棲家となる最高の住まい探しをしたい」という時間的・資金的な余裕がある方の場合は、別々の不動産会社を検討するのも一つでしょう。

 

 

基本的には住み替え時は同じ不動産会社への依頼がおすすめ

住み替えの売却・購入の仲介を同一の不動産会社に依頼すると、報告・連絡・相談がしやすく、不動産会社内で情報が共有できるため、スケジュールが組みやすいメリットがあります。

 

スムーズに進めることができるため、時間がない場合にもおすすめです。

 

また、売買を同時に進める「売り買い同時進行」は同日または数日内に引き渡し、「住み替えローン」の利用には同日決済・同日引き渡しが基本となるので、同じ不動産会社への依頼が良いでしょう。

 

売却に「買取保証」を付ける場合も、買取価格や買取の期限が新居の購入や引き渡し時期に関わってくるため、同一の不動産会社に依頼して密にスケジュール管理する必要性があります。

 

ただし、遠方の地域に住み替える際は、売却物件の所在地を得意とする不動産会社を優先して検討してみましょう。

 

住み替えの売却・購入に悩んだときは、ぜひ不動産会社にご相談ください!

千葉エリアの不動産売却のお悩みは、「イエステーション」がサポートいたします。

 

住み替えは同じ不動産会社への依頼がおすすめ!メリットや注意点も

多古町店 前島 亮

売却は一生に何度もあるものではございません。
より安心していただけるよう、分かりやすい資料とわかりやすい説明を心がけております。
地元になくてはならない不動産屋としてクオリティの高いサービスをご提供してまいります。

その他の不動産売却のヒント

家の売却で火災保険は返金される?解約するタイミングや解約方法も
不動産売却のコツ

家の売却で火災保険は返金される?解約…

古い家を売るには?売却方法や注意点、利用できる税制優遇を解説!
不動産売却のコツ

古い家を売るには?売却方法や注意点、…

家を売却したら引っ越しはいつする?流れや必要手続きを解説
不動産売却のコツ

家を売却したら引っ越しはいつする?流…

不動産売却の「手付金」とは?タイミングや相場、注意点を知ろう!
不動産売却のコツ

不動産売却の「手付金」とは?タイミン…

人気の記事

空き家も火災保険がかけられる!住んでいない家にもかける理由は?

空き家も火災保険がかけられる!住ん…

亡くなった親の家を売る方法や流れを確認!かかる費用や注意点も

亡くなった親の家を売る方法や流れを…

「古家付き土地」と「更地渡し」のメリット・デメリットを詳しく解説!

「古家付き土地」と「更地渡し」のメ…

最新記事

老人ホームに入居するなら自宅は売却すべき?売却の流れや売却以外の選択肢も
不動産売却のコツ

老人ホームに入居するなら自宅は売却…

不動産売却時の住民票異動はいつ?流れや注意点も確認!
不動産売却のコツ

不動産売却時の住民票異動はいつ?流…

転勤で住宅ローン控除は受けられる?単身赴任や賃貸の場合も解説
不動産売却のコツ

転勤で住宅ローン控除は受けられる?…

不動産売却クイック査定ページはこちら

ハウスエージェントは、不動産売却の身近な相談相手です。
今すぐ売却をお考えの方、
将来的に売却を考えている方もお気軽にご相談ください。
住宅に関するプロフェッショナルとして最善のご提案をいたします。

閉じる