不動産売却のコツ

家を売却する際に片付けが必要な理由は?不要な荷物を片付ける方法も

こんにちは。千葉・北総エリアの不動産会社「イエステーション都賀店」前島です。

 

家を売却する際に、家の中の荷物はどのタイミングで片付けたらいいのか悩みますよね。

 

家の中の不用品はなるべく早くに片付けておいた方が良いです。

不用品を片付けておくとことで売却しやすくなるメリットもありますよ。

 

今回は、家の売却時の片付けについて解説。

片付けが必要な理由と、荷物を片付ける方法やタイミングなどもご紹介していきますね。

 

家を売却する際に荷物の片付けが必要な理由

家を売却する場合、不動産業者に依頼して販売活動を行なってもらい、購入希望者が現れるのを待ちます。

購入希望者が現れ、内見などを行い買主が家を気に入ったら契約を結びます。

 

基本的に家の中の荷物は、売買対象に含まれません。

そのため契約後は、買主から要望がない限り、家の中を全て片付けた状態で引き渡します。

 

また、できれば内覧時にきれいに片付けておくと、部屋も広く見えるなど印象も良くなります。

できるだけ高く早く売るために、メリットとなるでしょう。

 

家の中の荷物を全て片付けるのは、時間と手間が掛かり想像以上に掛かるものです。

後で慌てないように家を売却することが決まった時点で、家の中の荷物はどうするか考えておけると良いですね。

 

ただし、場合によって家財道具を一部残せるケースもあるため、次でお話ししましょう。

 

家を売却する際に家財道具などを残せる場合もある?

家財道具などを残したまま家を売却する方法は、2つあります。

「買主から希望があった場合」と「家財道具付きとして物件を売り出す」方法です。

 

買主から希望があった場合は、家財道具を残せます。

浴槽や洗面台などは取り外すことが難しく、買主との話し合いをして残すことが可能です。

また、エアコンや照明などの家電製品や、備え付けられている靴箱など、買主が引っ越した後すぐに必要になる物は残したまま状態で引き渡すケースもあります。

 

もう1つの「家財道具付き」として物件を売り出す方法は、以下のメリットとデメリットを確認してから検討しましょう。

 

【家財道具付きのメリット】

家電や家具は、処分するために費用が掛かります。

家財道具を残していくことで処分費用が掛からず、取り外し運ぶ手間が省けるのは、売主にとって大きなメリットです。

 

【家財道具付きのデメリット】

家財道具付きの場合、家具や家電のデザインが買主の好みに合わない可能性があるため、買い手がなかなか現れない場合があります。

新しく家を買う人は、次の家に住むときのイメージを持っている方が多いからです。

家を探す時点で、家財道具付きの家を検索対象から外す人もいるため、なかなか内覧希望が現れないと売却までに時間が掛かってしまいます。

 

その場合、相場よりも価格を下げるなどの検討が必要な場合もあるでしょう。

 

家を売却する際に不要な荷物を片付ける方法

 

家の中の荷物や不用品は片付けるには、処分するのか売却するのかによって方法が異なります。

処分する場合と、売却する場合の方法は以下の通りです。

 

自治体が行っている粗大ゴミ回収を利用する

粗大ゴミを回収してもらう場合は、事前連絡が必要です。

自治体によってルールは異なりますが、回収して欲しい家具や家電の種類を市役所等に伝えると処分費用と日にちを教えてもらえます。

 

あとは、決まった日時にその代金分のシールやチケットを購入して不用品に貼り付け、所定の場所に出して回収してもらいましょう。

 

また、自分で粗大ゴミ収集センターに持ち込むという方法もあります。

その場合、自家用車で運ぶのが難しければ軽トラックなどをレンタルする費用が掛かりますが、回収日を待つよりも手早く処分することが可能です。

 

不用品回収業者を利用する

粗大ゴミや廃品などを回収してくれる専門の不用品回収業者もいます。

連絡をするだけで自宅まで取りに来てくれ、重たい家具や家電を運んでくれるのはありがたいですよね。

 

ただし、処分費用は業者によって料金が異なるため、複数の業者の料金設定を比較して決めましょう。

 

リサイクルショップを利用する

処分するにはもったいないと感じる家具や家電は、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらう方法もあります。

 

物によっては値段が付かない場合もありますが、不用品をまとめて引き取ってもらえると処分費用が掛からず無料で済みます。

 

リサイクルショップによって、買取をしない物は引き取りを行なっていない可能性もあるので確認をしておくと安心です。

 

フリマアプリを利用する

不用品を少しでも高く売りたい方は、フリマアプリを利用する方法もあります。

 

まだ使用できる家具や家電など需要のあるものは、購入希望者を見つけやすいです。

ただし、なかなか買い手が見つからず売れない場合には置き場所に困ってしまうことも。

 

また、買い手が見つかったとしても送料が高くなる場合があります。

出品する物は、送料などを含め手間や値段を考慮しながら検討しましょう。

 

家を売却する際に荷物を片付けるタイミング

家を売却するときは、なるべく早く売りたいと考える方が多いと思います。

 

そのため、荷物を片付けるタイミングに適しているのは内覧前です。

 

家の中の荷物を片付けるのは大変ですが、不用品や荷物を片付けることで家の中がスッキリとして広く見えるほか、きれいに見えるため印象が良くなります。

 

内覧時に、部屋に物が多い状態では部屋の全体が把握できず、購入希望者からの印象あまり良くありません。

 

家の中を片付けておくことは、売却までの流れをスムーズにするためにとても大切です。

 

内覧前に終わらない場合は、家を買主に引き渡すまでに片付けが必要となります。

しかし引き渡しの直前は、書類の手続きなどで慌ただしくなるタイミングでもあるため、引き渡し日までに間に合うよう、余裕を持ったスケジュールを立てましょう。

 

家の売却時には不用品の片付けが必要!早めに処分方法の検討を

家を売却する場合は、基本的に家の中の荷物は売買対象に含まれません。

そのため、契約後は買主から要望がない限り、家の中を全て片付けた状態で引き渡すのが一般的です。

 

ただし、浴槽や洗面台など取り外すことが難しい設備や、買主が引っ越してすぐに必要なエアコンや照明などの家電製品は、要望があったときには残すことが可能です。

「家財道具付き」として売り出す方法もありますが、新しく家を買う人は次の家に住むときのイメージを持っている方が多いため、買い手がつきにくい可能性はあるでしょう。

 

不用品を片付ける方法には、粗大ゴミとして処分するか売る方法があります。

処分する場合は、自治体が行っている粗大ゴミ回収を利用するか、不用品回収業者に依頼しましょう。

 

家具や家電を売る場合には、リサイクルショップやフリマアプリなどがおすすめです。

 

家を早く売りたい方は、購入希望者に良い印象を持ってもらうことが大切です。

そのため内覧前には、家の中をきれいに片付けておきましょう。

 

千葉・北総エリアの不動産売却でお悩みの方は、お気軽にイエステーション都賀店へご相談ください!

 

その他の不動産売却のヒント

亡くなった親の家を売る方法や流れを確認!かかる費用や注意点も
不動産売却のコツ

亡くなった親の家を売る方法や流れを確…

不動産の親子間売買を解説!メリット・デメリットやポイントもご紹介
不動産売却のコツ

不動産の親子間売買を解説!メリット・…

不動産を売却するとき「買取」と「仲介」はどちらがいい?
不動産売却のコツ

不動産を売却するとき「買取」と「仲介…

共有名義の住宅ローンは離婚後どうすれば良い?名義変更方法も解説
不動産売却のコツ

共有名義の住宅ローンは離婚後どうすれ…

人気の記事

亡くなった親の家を売る方法や流れを確認!かかる費用や注意点も

亡くなった親の家を売る方法や流れを…

住宅ローン返済中の家を売るのは可能?確認点や売る方法まで詳しく!

住宅ローン返済中の家を売るのは可能…

不動産の親子間売買を解説!メリット・デメリットやポイントもご紹介

不動産の親子間売買を解説!メリット…

最新記事

不動産の親子間売買を解説!メリット・デメリットやポイントもご紹介
不動産売却のコツ

不動産の親子間売買を解説!メリット…

共有名義の住宅ローンは離婚後どうすれば良い?名義変更方法も解説
不動産売却のコツ

共有名義の住宅ローンは離婚後どうす…

家を売却する際に片付けが必要な理由は?不要な荷物を片付ける方法も
不動産売却のコツ

家を売却する際に片付けが必要な理由…

不動産売却クイック査定ページはこちら

ハウスエージェントは、不動産売却の身近な相談相手です。
今すぐ売却をお考えの方、
将来的に売却を考えている方もお気軽にご相談ください。
住宅に関するプロフェッショナルとして最善のご提案をいたします。

閉じる