不動産売却のコツ

不動産売却における良い不動産会社の選び方のコツを徹底解説!

こんにちは。千葉エリアの不動産会社「イエステーション」前島です。

 

不動産売却の主な方法として、売主が不動産会社に買い手を探してもらったり、不動産会社に直接売却したりして行うのが一般的。

 

不動産会社選びが売却成功のカギ、といっても過言ではありません。

 

土地や家など不動産を売却を検討中の方には「良い不動産会社の探し方は?」「大手と中小はどちらが良い?」と選び方のコツが気になる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、良い不動産会社を選ぶコツを徹底解説します!

選び方

 

 

不動産売却の成功のカギは不動産会社の選び方!

不動産の売却手続きは、売主が自分で行うことも可能です。

しかし、物件の買い手を探し、売買契約を結び…といった不動産売買の一連の流れには、不動産や法律など専門的な知識が必要なため、個人で行うのは難しいといえます。

 

そのため、不動産会社に売主と買い主の間に入ってもらう仲介を依頼して、売却のサポートをしてもらうのが一般的です。

 

売主から仲介を依頼された不動産会社には、主に次のような役割があります。

 

  • 物件を査定して価値を測り、売り出し価格を提示する
  • 売り主と売却の戦略を練る
  • 広告を作成して買い手を募る
  • 内覧者の接客を行う
  • 売買価格などを買主候補と交渉する
  • 売買契約書作成など契約のサポートを行う
  • 売却代金の決済、物件の引き渡しに立ち会う

 

上記のように、売却の流れは不動産会社主導で進みます。

 

不動産会社の実力次第では、売却がうまくいかない可能性もあります。

スムーズな売却活動のためには、不動産会社選びがとても大切なのです。

 

不動産仲介について詳しくは「不動産仲介の仕組みとは?役割や流れ、仲介手数料も解説!」でも解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

 

 

不動産売却における不動産会社の選び方のポイント

不動産売却における不動産会社の選び方のポイントとして、良い不動産会社とは「大切な不動産の売却を任せられる(信頼できる)」会社であることが挙げられます。

 

では、信頼できる不動産会社の見極め方や、選び方のポイントについて詳しくご紹介していきましょう。

 

「信頼できるか」を見るための2つの前提条件

信頼性の問題として、まずは次の2点を確認しておきましょう。

 

  • 無免許業者ではないこと
  • 宅地建物取引業者として行政処分を受けていないこと

 

不動産会社が「仲介」を行うには、宅地建物取引業の免許が必要です。

免許は2種類あり、本店や支店が2つ以上の都道府県にある場合は国土交通大臣免許、1つの都道府県のみにある場合は都道府県知事免許を受けます(支店が別の都道府県に増えれば国土交通大臣免許に変更となる)。

 

また、免許の更新は5年ごとに行うため、更新回数(免許番号のカッコ内に記載)を見れば、業務の経験年数がわかります。

 

ただ、他県にも不動産会社を出すことになった場合などで、免許の種類が変わって更新回数のカウントが(1)に戻ることもあります。

その場合は、ホームページで「沿革」などの履歴を確認してみると良いでしょう。

 

行政処分情報については、不動産会社が免許を受けた(更新した)行政庁で宅地建物取引業者の名簿で閲覧できます。

 

また、国土交通省「ネガティブ情報等検索サイト」、一部の都道府県のホームページでも確認できます。

すでに改善している場合もあるので、「処分履歴=悪質」とは限りませんが、最新の履歴を確認することが大切です。

 

売却を任せたい!信頼できる不動産会社の特徴

上記2点の前提をクリアした上で、売却を成功に導くためには、次のような特徴を備えた不動産会社を選ぶと良いでしょう。

  • 売却不動産の所在するエリアに近く、地域情報に詳しい
  • 売却不動産と類似する物件を得意としており、取引実績が豊富である
  • 担当者の対応が誠実である
  • 広告が充実している

 

1つずつ解説します。

 

売却不動産の所在するエリアに近く、地域情報に詳しい

地元情報に詳しい不動産会社であれば、物件の魅力をより効果的にアピールする方法を知っています。

 

周辺の施設、公共機関、交通事情といったエリアの特徴を踏まえて、物件の売却戦略を提案してくれるでしょう。

 

地域の実情に合わせた価格設定もできるため、売却がスムーズに進むことも期待できます。

 

売却不動産と類似する物件を得意としており、取引実績が豊富である

不動産会社には一戸建てやマンションなど、取り扱う物件の種類に得意・不得意があります。

 

売却物件と類似する物件が得意なら、取引実績も豊富で、売却ノウハウの充実も期待できます。

すでに顧客を抱えている可能性もあるので、売却がスムーズに進むでしょう。

 

担当者の対応が誠実である

的確かつスピーディーに対応してくれるか、親身に相談に応じてくれるかといった、担当者の誠実さも重要です。

 

不動産のプロとして相場に精通しており、専門的な知識を備えていることも大切ですが、誠実な対応ができる担当者であれば、買い手にも良い印象を与えられます。

 

広告が充実している

近年、不動産の購入を検討する際、不動産ポータルサイトなどインターネットを利用する人が増えているため、インターネット広告に注力しているかどうかも、不動産会社を選ぶポイントです。

 

地域に根差した不動産会社の場合は、インターネットよりもエリアを絞って買い手にアピールできるチラシ広告に注力しているケースもあります。

どんな広告を打ち出しているか、内容をチェックしておくと選定の参考になります。

 

不動産会社を選ぶなら複数社に査定依頼をするのがおすすめ

上記に挙げた特徴を確認する方法として最も手軽なのが、不動産の一括査定です。

一括査定サイトを利用すれば、無料で複数社にまとめて査定依頼を送ることができるので、まずは査定結果や対応の様子を比較してみましょう。

 

査定価格の高さではなく、査定結果の根拠(過去の成約事例や競合物件の情報など)をしっかりと示した説明をしてくれるかが重要です。

 

一括査定サービスについては「不動産の一括査定にはデメリットがある!?利用の注意点や選び方を確認」で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

不動産会社は無理に1社を選ぶ必要はない

不動産会社に仲介を依頼する場合「媒介契約」を結びます。

 

媒介契約には、専任媒介契約、専属専任媒介契約、一般媒介契約の3種類がありますが、このうち一般媒介契約はほかの2つと異なり、複数の不動産会社と契約可能です。

 

不動産会社が選びきれない、もう少し時間をかけて信頼できる会社を選びたいという方は、一般媒介契約にて仲介を依頼する方法もあります。

 

 

不動産会社は大手?中小?選び方のコツ

結論から先にいえば、一概に「大手と中小のどちらが良い」ということはありません。

ただし、それぞれ異なる特徴があるため、選ぶ際の参考にすると良いでしょう。

 

大手と中小それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、選び方のコツをご紹介します。

 

大手不動産会社のメリット・デメリット

大手不動産会社の強みは、支店の多さ、資本力、宣伝力があることです。

支店の間で情報共有が可能になり、利用できる資金が多ければ多いほど、チラシやインターネットを使い幅広い広告が展開できます。

 

また、「CMで見たことがある」といったブランド力があるので、買い手が安心して取引しやすいといった点も大きな特徴です。

 

ただし大手ゆえに支店間の異動があり、エリアに対する知識や営業力が担当者ごとに異なる場合もあるかもしれません。

 

そういった場合のサポート体制を社内で整えているかどうかあらかじめ確認しておくと、売却がスムーズに進むでしょう。

 

中小不動産会社のメリット・デメリット

中小の不動産会社は、地元のコネクション、地域に根差した情報力と認知度の高さを持っています。

 

バスや電車など公共交通機関の使い勝手が良いかどうかや、街の雰囲気、物件周辺にある生活に便利なスーパーなどの施設の特徴といった、物件情報だけでは見えてこない情報も細かく網羅していることが多いです。

 

さらに、長く営業している不動産会社であれば、遠方の不動産会社では判断しきれない地元ならではの相場の動きも理解しているため、適切な価格で売りやすい点もメリットでしょう。

 

また、「もし近くで売却物件が出たら紹介してほしい」と近隣の方が依頼しているケースもあるので、そういった見込み客が多いのも強みといえます。

 

宣伝効果の及ぶエリアが大手よりは限られるという点はありますが、地元独自のネットワーク・販売ノウハウを利用し、一般に需要の低い物件も売却できる可能性があります。

 

大手と中小、どちらを選べば良い?

大手と中小どちらが向いているかは、売りたい物件の種類や特徴にもよります。

 

例えば、都市部のマンションなど、全国から買い手を探したい場合は宣伝力の高い大手がおすすめです。

 

相続物件が遠方にある場合など、物件を売りたいエリアになじみがないケースでは、地元情報に強い中小の不動産会社が頼りになるでしょう。

 

しかしながら、不動産会社を選ぶ第一のポイントは「信頼できる」ことなので、大手か中小にこだわる必要はありません。

 

ご紹介したポイントをチェックして、信頼できる不動産会社を見つけられると良いですね。

 

 

不動産売却の主な方法とメリットデメリットも確認!

握手

不動産売却の主な方法には「仲介」以外に「買取」もあります。

 

仲介とは、売主が不動産会社と媒介(仲介)契約を結び、買い手(買主)を探してもらう方法のこと。

不動産会社は販売活動を通じて買い手を見つけ、売買取引のサポートを行います。

 

対して買取は、一般の買い手ではなく、不動産会社に直接不動産を売却する方法です。

 

仲介は買い手を探す時間や手間がかかりますが、需要の高い物件であればあるほど、条件の良い価格で売れる期待が持てます。

 

買取の場合は、購入後に不動産会社が再販することが前提となるため下取り価格になる場合が多く、仲介に比べて売却価格が安くなる傾向があります。

 

ただし、成約しても仲介手数料がかかりませんし、買い手を探す手間がないので、仲介よりスピーディーな売却が可能です。

 

一般的に需要の高い物件をなるべく高く売りたいという方は「仲介」。

物件が好条件でないので売却できるか心配な方や、「なるべく早く現金化したい」という方は「買取」が向いているといえるでしょう。

 

 

不動産売却の成功には不動産会社の選び方が重要

不動産売却は一般的に、不動産会社に「仲介」を頼み、販売活動や売買契約などのサポートを受けるので、不動産会社選びはとても重要といえます。

 

選び方のポイントは、信頼して売却を任せられるかという点です。

 

無免許業者でないこと、行政処分を受けていないことを前提に、不動産のプロとして知識を備えているか、誠実な対応ができるかなど、信頼できる不動産会社であるか、複数社に査定依頼を出して確認しましょう。

 

会社の規模が大手か中小であるかは、それほどこだわる必要はありません。

売却方法には、不動産会社に直接売る「買取」もあるので、仲介の特徴と比べて検討してみましょう。

 

不動産の売却に悩んだときは、ぜひ不動産会社にご相談ください。

千葉エリアの不動産売却のお悩みは、「イエステーション」がサポートいたします!

不動産売却における良い不動産会社の選び方のコツを徹底解説!

多古町店 前島 亮

売却は一生に何度もあるものではございません。
より安心していただけるよう、分かりやすい資料とわかりやすい説明を心がけております。
地元になくてはならない不動産屋としてクオリティの高いサービスをご提供してまいります。

その他の不動産売却のヒント

相続財産清算人(相続財産管理人)が不動産売却をする流れを解説
不動産売却のコツ

相続財産清算人(相続財産管理人)が不…

家が売れない!売れない理由や対策、注意点をご紹介
不動産売却のコツ

家が売れない!売れない理由や対策、注…

未登記建物の売買は可能?手続きの方法や注意点も解説
不動産売却のコツ

未登記建物の売買は可能?手続きの方法…

共有名義の住宅ローンは離婚後どうすれば良い?名義変更方法も解説
不動産売却のコツ

共有名義の住宅ローンは離婚後どうすれ…

人気の記事

空き家も火災保険がかけられる!住んでいない家にもかける理由は?

空き家も火災保険がかけられる!住ん…

亡くなった親の家を売る方法や流れを確認!かかる費用や注意点も

亡くなった親の家を売る方法や流れを…

「古家付き土地」と「更地渡し」のメリット・デメリットを詳しく解説!

「古家付き土地」と「更地渡し」のメ…

最新記事

老人ホームに入居するなら自宅は売却すべき?売却の流れや売却以外の選択肢も
不動産売却のコツ

老人ホームに入居するなら自宅は売却…

不動産売却時の住民票異動はいつ?流れや注意点も確認!
不動産売却のコツ

不動産売却時の住民票異動はいつ?流…

転勤で住宅ローン控除は受けられる?単身赴任や賃貸の場合も解説
不動産売却のコツ

転勤で住宅ローン控除は受けられる?…

不動産売却クイック査定ページはこちら

ハウスエージェントは、不動産売却の身近な相談相手です。
今すぐ売却をお考えの方、
将来的に売却を考えている方もお気軽にご相談ください。
住宅に関するプロフェッショナルとして最善のご提案をいたします。

閉じる